トップページ

ご利用方法

お客様の声

アクセス

よくある質問

お問い合わせ

Archive for the ‘療育コラム’ Category

児童の感性、才能を活かす!!! 2023年カレンダー制作(制作編)

2022-11-25

こんにちは!

八王子市の放課後等デイサービス、「夢を叶える就労トレーニング教室八王子」通称:夢トレ教室です☆

落葉がきれいな季節ですね🍂

本デイがある八王子は秋にまつわるお祭「イチョウ祭り」が毎年開催されています。

今回は、お祭りに出品するカレンダーの制作について取り上げたいと思います!!!

 

児童の感性、才能を昇華するために

めじろ台教室では、制作活動が大好きな児童が多く在籍しています。

手前味噌になりますが、もれなく全員、アーティステックな作品を生み出してくれます!

常識に囚われない、もうそれはとにかくすごい作品を作ってくれんですよ!!(→語彙力無し笑)

 

スタッフ一同、それをどうにか、社会で昇華されるような形にしたいと思い、去年に引き続きカレンダーを制作しました!

 

 

「こだわり」を「強み」に変革する!

自閉スペクトラムの児童を理解していくうえで、よく「こだわり」という言葉が使われることがあります。

この「こだわり」は、言い方を変えれば、その児童にとって「とても大事にしていること」であり、使い方によっては「個性、強み」と言い換えられることが出来ます!

本教室の児童のそれぞれの個性、強みを全面に活かしました。

例えば、日にち、時間などにこだわりのある児童であれば、カレンダーの日付記入の担当になってもらいました。

 

他にも各月の絵についてもそれぞれ児童の興味関心のある絵を描いてもらいました!!

 

こう見ると本当に個性豊かですよね(笑)

カレンダー制作療育における児童の作品カレンダー制作療育における児童の作品カレンダー制作療育における児童の作品カレンダー制作療育における児童の作品

カレンダー制作療育における児童の作品カレンダー制作療育における児童の作品

 

逆に「こだわり」が全くないという児童もいます。その場合は、各月にまつわる動物、植物のイラストを模写してもらいました。

 

このように0から1を生み出すことが苦手であっても、1をそのまま1にする力も当然、社会では必要になると思われます!

 

 

物を買ってもらえる状態にするために

商品をお客様のお渡しするためには、いくつかの加工作業が必要になります。

今回は5つの手順でスタッフが補助に付きながら実施しました。

①カレンダーを切り取れるようなミシン目を付けること

カレンダー制作療育をしている児童

②カレンダーの両サイドにホッチキスを止める

カレンダー制作療育をしている児童

③製本テープを張る

カレンダー制作療育をしている児童

➃画鋲や紐を通せるようの穴を空ける

カレンダー制作療育をしている児童

⑤ビニールバックに入れる(ラッピング)

カレンダー制作療育をしている児童

 

児童の中には就労をしない子もいますが、商品を加工したり、封入する作業は一種の作業訓練であり、就労する際には非常に糧になる療育だと思われます。

 

スタッフは道具の使い方などについて、児童に分かりやすい、伝わりやすい表現で声がけさせていただきました。

 

また販売編も投稿予定ですので、ご期待ください!

以上、どの季節よりも秋が好きな心理指導担当職員の栗木がお送り致しました!

 

関連記事として、いちょう祭りの記事、カレンダー制作の記事を下記のリンクに貼らせていただきました。

コチラからご覧ください ↓

いちょう祭り☆放課後等デイサービス_夢を叶える就労トレーニング教室八王子

 

2022年オリジナルカレンダー☆放課後等デイサービス_夢を叶える就労トレーニング教室八王子

生活自立訓練!服畳み、掃除道具の使い方、身近なことから””できる””を増やしていこう!

2022-11-17

こんにちは!

八王子市の放課後等デイサービス、「夢を叶える就労トレーニング教室八王子」通称:夢トレ教室です☆

本日は療育で取り入れている自立訓練!!

服畳みと掃除練習について紹介したいと思います!!

 

身の回りのことを出来るようになるために

身の回りのことをやるって、、、

正直に言えば、めんどくさいですよね(-_-;)

皆さんも日々、家で洗濯やお皿を洗ったり、道具の片付けなどめんどくさい身の回りのことをやっていると思われます。

しかし、その気になれば出来てしまうことも多いと思います。

それは、なぜか???

発達に偏りのある児童にとって、見通しがつかない今やりたいことに囚われてしまうことが多いです。

例えば、宿題の期限が迫っている場合で考えてみると

 

宿題の期限が迫っている

宿題を出さない

宿題を出さないと成績が下がってしまう

成績が悪いと進路に影響を受けてしまうなどなど

 

このように、障がい児はこの後、何が待ち受けているかを予測することが苦手である場合が多いです。

療育ではやった行動の結末を予想してもらう声がけなど行います(例えば片付けが出来なければ、この後どうなるかな)

それらが難しい児童には決められた時間の中でやる事を明確化し、児童の中でルーティンにさせること。

もしも今やっていることから抜け出せない場合は、時間を決めて終わらせるように約束させることなどを行います。

こういった支援の中で身の回りのこと、小さなところから一つづつできるようになることが自立自信に繋がります。

 

ステップを踏んで、服を畳んでみよう

中高生になると、学校で制服を着るようになります。

そのため教室に着くと制服から療育のため活動着に着替えるといったステップを踏まなければなりません。

高校生ぐらいになると着替え、服畳みまでが習慣化され、スムーズに出来るようになることも多いです。

しかし着替えをスムーズに行うことが難しい児童も、ちらほら見受けられます。

そこで服畳み練習を実施してみました!

今回は運動などで使用するビブスを使って、服を畳んでもらいました。

 

服畳み練習、お掃除で生活自立訓練をする放課後デイの子どもたち服畳み練習、お掃除で生活自立訓練をする放課後デイの子どもたち

服畳み練習、お掃除で生活自立訓練をする放課後デイの子どもたち  服畳み練習、お掃除で生活自立訓練をする放課後デイの子どもたち   

 

掃除をしてみよう!まずは掃除道具の使い方から

服の畳み練習以外にも生活自立の訓練として児童と一緒に教室の掃除を行ったりします。

めじろ台教室の一日療育の日は、活動終わりに掃除の時間を設ける日が多いです。

児童自身が使った教室を児童自身で片付けるといった生活自立根差しています。

 

以前、掃除に関するブログも投稿しているので、コチラもよければご参照ください👍

☆清掃活動☆放課後等デイサービス_夢を叶える就労トレーニング教室八王子

掃除は拭き掃除、吐き掃除、ゴミを袋に詰めるなど様々です。

これらの掃除をする際に、もちろん道具を使いますので、掃除道具の使い方についておさらいを行いました。

児童のレベルに合わせて〇×クイズなどを用いて、正しく掃除道具を利用できるように支援させていただきました。

 

服畳み練習、お掃除で生活自立訓練をする放課後デイの子どもたち 服畳み練習、お掃除で生活自立訓練をする放課後デイの子どもたち 

服畳み練習、お掃除で生活自立訓練をする放課後デイの子どもたち服畳み練習、お掃除で生活自立訓練をする放課後デイの子どもたち

身近な大人が普段やってくれている生活面ことについて

児童自身が「自分でも”できた”」と思えることで達成感自己効力感を感じやすくなると思われます!

これからも生活自立と児童が達成感が感じられる療育を提供できるように頑張りたいと思います(‘◇’)ゞ

以上、お掃除は苦手な心理指導担当職員の栗木がお送り致しました<(_ _)>

目指せ!八王子中央図書館!!バス乗車の自立訓練で自信をつけよう(^.^)/~~

2022-11-04

こんにちは!

八王子市の放課後等デイサービス、「夢を叶える就労トレーニング教室八王子」通称:夢トレ教室です☆

すっかり寒くなってきましたね🥶 秋かと思えば、一瞬で冬到来ですね!!!

心も体も暖かくなる療育を提供できるように頑張ります!!

 

本日のブログは、公共交通機関を使ったバス乗車練習についてです(‘◇’)ゞ

 

 

公共交通機関、乗るために必要なスキルとは?

本教室は就労トレーニング教室です!!!!!!!!!!!

まず、就労の第一歩は自分でできることを少しずつ増やすことです。

自分で何かできたという経験は児童にとっても成功体験になります。

 

八王子放課後等デイサービス 療育 バス通所

 

その中でも自分の力でどこかに行けたと言った成功体験は自信につながると思われます。

しかし、公共交通機関の利用を一人で全てできるようになることは。。。

すごーーーーーく難易度が高いです( ;∀;)

 

例えば、○○のバス停から××のバス停まで行くと想定した場合

※(   )の中はとりわけ必要になるスキルです。

 

①何○○のバス停が何時発か、あるいは××のバス停に何時に着いておくべきか

(時間の把握、調べる能力、逆算的思考)

 

②今いる場所から○○のバス停の発車時間までに安全に行くことができるか

(時間の把握、安全確認、ルートの把握)

 

③バス停で、バスが来るのを待ち、ICカードを準備する

(待つ力、物がどこに入っているか把握する力)

 

➃ICカードをタッチし、空席を見つけて座るまたは、つり革を持って立つ

(その場でやらなけばならない行動、他者に合わせる力)

 

⑤××のバス停まで座ったり、立ったりし続ける力

(集中力、姿勢維持)

 

⑥降車の際に、ICカードをタッチしてバスから降りる

(やるべき行動の理解、他者に合わせる力)

 

もちろん、すべてがいきなりできるようになるのは難しいので、、、

今回は特に、赤字③、➃、⑤、⑥に重きを置いて療育を行いました。

 

 

生活自立を目指して、パブリックな場に出てみよう!

 

めじろ台教室から図書館の方へ向かうバス停は非常に近いところにあります。

 

八王子放課後等デイサービス 療育 バス通所

 

バス停についたら「カードの準備してねー」と声がけします。

発達の偏りに関わらず、物をどこかにいれて、「あれ??どこ入れったけ??」っていうことないですか?

ものを入れた場所をずっと覚えて置くことは、結構難しかったりします( ;∀;)

 

そのため、カバンにしまった児童の場合であれば、頻繁に「どこにしまったけ?」と質問をし続けることで、場所を把握できます。

 

またこの児童のように首掛けなどにすると今、直近で使う場面などで、手元で使いやすくなるため、非常に便利になります!!

 

八王子放課後等デイサービス 療育 バス通所

無事にICカードをタッチしたら、、、電車やバスでのルールの復習です!

 

八王子放課後等デイサービス 療育 バス通所

TPOに合わせる力を養う

バスの中では、他の利用者の方ももちろんいるので、他者に合わせる力が必要になります!!

発達に偏りのある児童にとって、他者に合わせることは難しかったりします。

つまり、バス乗車練習では、TPO(時:time,場所:place , 場合:occasion)に合わせる力がアップすることが期待できます!!!

療育 バス通所 療育 バス通所

バスを降りた後は、ご褒美の図書館です!

図書館でもこのTPOを合わせる力が必要です!

自閉スペクトラム症の児童の中ではオウム返し(エコラリア)などで、一方的に声を出してしまう場合があります。

そのため事前にルールの再確認をし、いざ入館!!!

 

 療育 バス通所 

 

静かに本を読むことができました!!!

 

療育 バス通所 療育 バス通所

 

今回の療育が児童の成功体験になりますように ✊

以上、満員電車と満員バスはできるだけ避けたい心理指導担当職員、栗木がお送りしました!!!!

 

電車による通所練習も以前、行いましたので

良ければコチラからご覧ください(`・ω・´)b

☆電車で通う☆放課後等デイサービス 夢を叶える就労トレーニング教室八王子

ぴょんぴょん!カエル制作で想像力や創造力を養いながら微細運動☆

2022-06-15

こんにちは、

こどもプラスが運営する八王子市の放課後等デイサービス「夢を叶える就労トレーニング教室八王子」です(^_-)-☆

 

みなさまのおかげで、無事に一周年お迎えることができました(。>ω<ノノ゙パチパチ♪~

あんなこと( *´艸`) こんなこと(;^ω^) そんなこと”(-“”-)”??? ありましたね~(笑)

 

はい!それでは、めじろ台教室6月制作のご紹介です。

ぴょんぴょん跳ねるカエルを制作しましたー!

 

 

カエルってどんな?カエルは何色?創造力を養おう!

「カエルといえば緑でしょ!」 と思い、緑の画用紙をたくさん用意しました(^^)/

しかしですね、違う色で制作する児童もいて、よくよく考えたらカエルって色が変わるんですよね!

どんなカエルにしようかな? カエルってどんなだったかな?

いいですね!想像力や創造力が養われてますね~!

 

難しいけど楽しい!集中して微細運動!

やっぱり楽しみながらの療育は大事ですよね(^^♪

ぴょんぴょん跳ねているカエルを見て興味深々!

「僕も作りたーい」と必死に作ります!

カエルのとび出た目や細い足を作るのはとても大変だけど、みんな一生懸命!

とてもいい微細運動になってます(^_-)-☆

 

どんな物が飛ぶかな?想像してみよう!

私カエルはちょっと!。。。

あらま(;・∀・)

たしかに本物のカエルを思い浮かべると、ちょっと苦手という児童もいるかもしれませんよね(;^_^A

じゃあ他に飛ぶものは何があるかな?どんな物を飛ばしたいかな?

想像してみよう!

 

とり?

うさぎ?

ロケット!!!

 

「私、ロケット好き~!!!」というわけでロケットも作ってみました(笑)

それでは次回の制作もおたのしみに~!

またね~(^^)/

 

水城

ドローンを使った療育!?子ども達の隠れた才能を引き出す遊び!

2022-05-20

こんにちは!

こどもプラスが運営する八王子市の放課後等デイサービス「夢を叶える就労トレーニング教室八王子」です(^_-)-☆

ゴールデンウイークが終わりましたね。皆さまはどう過ごされましたでしょうか?

めじろ台教室ではゴールデンウイークの2日間ドローン体験会を実施いたしました(^^)/

この日を楽しみにしてくれていた児童も多く、「早くやりたい!」と、朝から期待度MAX!!

 

ルールやマナーを守り、安全第一に扱うこと

リモコンでの操作となるので、何より児童が安全に遊べるよう人数や部屋を分け、安全を確保してから開始しました。

今回は200g未満のトイドローンと呼ばれるものを2機使用しました。

いくら小さいドローンとはいえ、安全に飛行させるにはルールとマナーを守って遊ぶことが大前提!

まずは、教室内で実践です!

 

操作の仕方や飛ばす時のルールなど説明をよく聞いて、すぐにでもやりたい気持ちを抑え順番を守りながら、仲良く体験会を実施することができました(^^)/

 

力加減が難しい!だからこそ指先の感覚が研ぎ澄まされる!

ドローンのリモコン操作は繊細さが必要です。発達障がいのある児童の中には力加減の調節が苦手な子もいますよね。

上下左右を理解できている子ばかりでもありません。

だからこそ、実際に触って自分で操作をしてみることで、指先の動きとドローンの動きが連動していることを理解し、考え、指のちょっとした動かし方で、方向転換やスピードなどが変わることを感覚で覚えていきます!

 

思い通りにドローンを動かすために、なかなか上手くいかなくても何度も繰り返し、少しづつ力加減を身につけていきました!

こうした力加減のコントロールは、例えば

「ちょうどよい筆圧で字を書けるようなる」

「壊れやすいものは優しく持つ」

など、日常生活を送る上で必要な感覚にも繋がります。

 

空間認知力や洞察力が養われ、反射神経まで鍛えられる!?

「空間認知力」や「洞察力」これはドローンで良く言われている能力ですね!

操作をしながら自然とドローンを目で追うのでビジョントレーニングにもなります。

H君はドローンにかなり興味を示し、宙に浮いているドローンにギリギリ触れない程度まで近付き、食い入るように覗き込んでいました(^▽^)

今回は子供向けドローンという事もあり、注意はしつつ少し様子を見守りました。

すると、ドローンが自分の方に近付いてくると、捕まえたい、触りたいという気持ちを我慢しながら体に触れそうになったところでサラリと避ける!

無意識に反射神経も鍛えながら、こんな楽しい遊び方があるとは・・・(>▽<)

こんな一面も見ることが出来て、”買ってよかった~”と心から思いました☆笑

 

ドローンを上手くコントロールするには、その時の位置や傾き、障害物との距離などを正確に把握することも必要です。大人でもなかなか上手く操作できないものですが、中には初めてとは思えないほどドローン操作が上手な子も!!Σ(・□・;)

 

子ども達の隠れた能力はまだまだ計り知れません!

 

操作に少しずつ慣れてきたら、屋外での飛行にも挑戦!

 

屋外での操作は広々とした場所であっても、屋内で行う時以上にリモコンのコントロール力、周囲への十分な配慮や安全確認等が必要になりますね!

また今後、屋外でのドローン飛行の規制も変わります。

今回のドローン体験は大好評だったので、まずは屋内での操作練習を繰り返し行い、ドローン操作をより楽しみながら子ども達の可能性が更に広がるよう、また近日中に実施したいと思います♪♪

 

念願のお花見ピクニック&遊具でたくさん体を使って遊びました♪

2022-04-25

こんにちは!

こどもプラスが運営する八王子市の放課後等デイサービス「夢を叶える就労トレーニング教室八王子」です!

 

前回「社会性を身に付けながら持久力もアップ!ハイキング&ピクニック」の続きです(^▽^)/

皆でペースを合わせながら、およそ1時間。無事「殿入り中央公園」に到着!!

 

名物の長~い滑り台は子どもから大人まで楽しめる♪

殿入り中央公園には市内の公園の中でも最長を誇る、長いローラー滑り台(ローラースライダー)があり、その長さはなんと105m!大人もワクワクしちゃいます♪

滑る際には専用のボードも現地にあり、楽しくて何度も何度も滑りたくなります(^▽^)

実際、児童だけでなくスタッフも一緒に滑って楽しみました♪

皆気持ちよさそうに滑っていますが、何度も滑るためには、坂と階段を何度も上まで登らなくてはなりません。滑り台に挑戦すればするほど、もうそれだけでかなりの運動量に・・・(笑)

正直、昭和生まれにはなかなかキツイ!!(笑)いや、子ども達にとってもそれなりにキツかったはず!

でも楽しい滑り台の為なら皆へっちゃらでした!これぞ一石二鳥!?

ローラースライダー以外に楽しめるアスレチックが他にも!

大きなネットのツリーは、上まで登ると山のてっぺんのいるようで、風がとても気持ちいいです!

幾重にも重なる不安定なネットの上を歩くのでバランス感覚が養われたり、手の力で体を引き付けるので、腕の力が弱い子にとっては懸垂力を養う良いトレーニングにもなりますね!

 

でも時には上まで行かなくても、ハンモック代わりに?これはこれで気持ちよさそう(笑)

他にもゆらゆら揺れる吊り橋もあり、スリル満点のアスレチックで思いきり体を使って遊べる最高の公園です!

季節を感じながらピクニックを楽しみました♪

公園の上には広々とした芝生広場があり、ちょうど春の桜が見ごろの時期だったので、ランチはこの広場でお花見をしながら楽しみました♪もうこれだけで贅沢な気分です♪

外で食べるとご飯がより一層美味しくなるのはなぜなんでしょう(⌒∇⌒)

教室での活動も大切ですが、こうして定期的に外に出掛けることも、リフレッシュにもなり、その時にしか味わえない季節や旬を感じることにも繋がるので、とても大切なことだと思います。

ランチの後も、もちろんまた遊びましたが、食休みのためちょっと休憩・・・笑

休憩後も皆また思いきり遊び!走り!

それでも帰りも全員しっかり歩いて教室まで戻ってきました!

体をたくさん動かし、遊び尽くし、この日は流石に夜ぐっすり眠ったという保護者様からの声も・・・(^^)

行く曜日を変えたりしながら、是非また行きたいと思います♪♪

 

社会性を身に付けながら持久力もアップ!ハイキング&ピクニック①

2022-04-11

こんにちは!

こどもプラスが運営する八王子市の放課後等デイサービス「夢を叶える就労トレーニング教室八王子」です(^▽^)/

教室が開所して初めての春休み🌸🌸🌸

この春で卒所する児童もおり、皆の良い思い出にもなればと思い、この日はハイキング&お花見ピクニックに出かけました!

 

長距離を歩くことで持久力が養われます!

今や外で遊ぶ場所が減り、外で遊ぶ機会も減り「あそび」と言えば”お家でゲーム”の子も少なくありません。

めじろ台教室では、学校や自宅から教室まで、歩いて自主通所している児童もいますが、基本的には車での送迎を行っております。また支援学校ではバスでの送迎もあります。

歩く機会が減り、運動不足が深刻なのは大人も子どもも同様で、現代社会において仕方のない事なのかもしれません。

だからこそ、こどもプラスでは体を動かす運動あそびを実施していますが、教室内の運動以外にも野外活動として、公園遊びや登山、散歩やジョギング、ハイキングなども定期的に行い体力向上に努めています!

ハイキングの良いところは、単発で行う運動と違い、長い距離を歩くことで「運動を長く続けられる”持久力”」を高めることができるところですね(^▽^)/

普段、運動不足だったり歩き慣れていない子は、年齢に関係なく少しの距離を歩いただけですぐに疲れを感じバテてしまいます。

この日は、めじろ台の教室から乗り物には一切乗らず、往復約5、4kmの道のりを全員がしっかり歩き切りました!途中、急な坂もありましたが、休憩をはさみながら皆頑張りました!

 

集団行動や交通のルールを守り、周囲に合わせることで社会性が育まれます

ハイキングを行う上での狙いは他にもあります。

それは「ルールを守り社会性を身に付けること」です。

当然のことながら、児童それぞれの運動能力には差があり、問題なく歩ける子もいれば、最後まで歩けるか心配な子もいました。

体力的に、また身体的に歩き切れるか心配な児童のことも考え、教室に留守番スタッフを配置し、いざという時は車を出せるよう万全の体制で臨みました。

結果的に全員問題なく歩くことが出来て、皆達成感に満ちた顔でしたが、歩くスピードがそれぞれ違う中で、歩くのが早い子は後ろと距離が離れた時には待ってくれて、歩くのがゆっくりな子は「皆に追いつかなきゃ!」と自主的に頑張って少し早く歩く姿も見られ、一人一人が”周囲にペースを合わせる”ことを考えながら歩いてくれたことに成長を感じました!

こうした積み重ねが、後々、”協調性も持つ”ことに繋がっていきます。

また、道中ガードレール等が無く、歩道がはっきりとしない細い道なども通ります。

発達障がいの特性でもある「こだわり」がある子で、例えば車が大好きな子は、車が通る度に自ら車に寄って行こうとする子もいるでしょう。

外を歩く際、周囲からの様々な音や刺激に反応し、興奮したりパニックを起こす可能性も考えられます。

スタッフが安全を確保するのは当然ですが、だからと言ってもう手を繋いで歩くことはしません。

自分で交通ルールやマナーを意識し歩く訓練の意味でも、道を歩く際の約束事をいくつか事前に決めて歩きました。

しばらく歩く内に、高校生児童の中には「後ろから車がくるよ!」と皆に声を掛けてくれる子もおり、自分のことだけでなく、周りのことも気に掛けている姿が頼もしかったです!

全員が、ルールを守って安全に歩けたおかげで、目的地「殿入中央公園」に無事到着しました!

K君、到着してほっと一息・・・(⌒∇⌒)

次回は、殿入り中央公園でのピクニックの様子などをお伝えします♪♪【つづく】

▲page top