トップページ

ご利用方法

お客様の声

アクセス

よくある質問

お問い合わせ

Posts Tagged ‘自閉スペクトラム’

目指せ!八王子中央図書館!!バス乗車の自立訓練で自信をつけよう(^.^)/~~

2022-11-04

こんにちは!

八王子市の放課後等デイサービス、「夢を叶える就労トレーニング教室八王子」通称:夢トレ教室です☆

すっかり寒くなってきましたね🥶 秋かと思えば、一瞬で冬到来ですね!!!

心も体も暖かくなる療育を提供できるように頑張ります!!

 

本日のブログは、公共交通機関を使ったバス乗車練習についてです(‘◇’)ゞ

 

 

公共交通機関、乗るために必要なスキルとは?

本教室は就労トレーニング教室です!!!!!!!!!!!

まず、就労の第一歩は自分でできることを少しずつ増やすことです。

自分で何かできたという経験は児童にとっても成功体験になります。

 

八王子放課後等デイサービス 療育 バス通所

 

その中でも自分の力でどこかに行けたと言った成功体験は自信につながると思われます。

しかし、公共交通機関の利用を一人で全てできるようになることは。。。

すごーーーーーく難易度が高いです( ;∀;)

 

例えば、○○のバス停から××のバス停まで行くと想定した場合

※(   )の中はとりわけ必要になるスキルです。

 

①何○○のバス停が何時発か、あるいは××のバス停に何時に着いておくべきか

(時間の把握、調べる能力、逆算的思考)

 

②今いる場所から○○のバス停の発車時間までに安全に行くことができるか

(時間の把握、安全確認、ルートの把握)

 

③バス停で、バスが来るのを待ち、ICカードを準備する

(待つ力、物がどこに入っているか把握する力)

 

➃ICカードをタッチし、空席を見つけて座るまたは、つり革を持って立つ

(その場でやらなけばならない行動、他者に合わせる力)

 

⑤××のバス停まで座ったり、立ったりし続ける力

(集中力、姿勢維持)

 

⑥降車の際に、ICカードをタッチしてバスから降りる

(やるべき行動の理解、他者に合わせる力)

 

もちろん、すべてがいきなりできるようになるのは難しいので、、、

今回は特に、赤字③、➃、⑤、⑥に重きを置いて療育を行いました。

 

 

生活自立を目指して、パブリックな場に出てみよう!

 

めじろ台教室から図書館の方へ向かうバス停は非常に近いところにあります。

 

八王子放課後等デイサービス 療育 バス通所

 

バス停についたら「カードの準備してねー」と声がけします。

発達の偏りに関わらず、物をどこかにいれて、「あれ??どこ入れったけ??」っていうことないですか?

ものを入れた場所をずっと覚えて置くことは、結構難しかったりします( ;∀;)

 

そのため、カバンにしまった児童の場合であれば、頻繁に「どこにしまったけ?」と質問をし続けることで、場所を把握できます。

 

またこの児童のように首掛けなどにすると今、直近で使う場面などで、手元で使いやすくなるため、非常に便利になります!!

 

八王子放課後等デイサービス 療育 バス通所

無事にICカードをタッチしたら、、、電車やバスでのルールの復習です!

 

八王子放課後等デイサービス 療育 バス通所

TPOに合わせる力を養う

バスの中では、他の利用者の方ももちろんいるので、他者に合わせる力が必要になります!!

発達に偏りのある児童にとって、他者に合わせることは難しかったりします。

つまり、バス乗車練習では、TPO(時:time,場所:place , 場合:occasion)に合わせる力がアップすることが期待できます!!!

療育 バス通所 療育 バス通所

バスを降りた後は、ご褒美の図書館です!

図書館でもこのTPOを合わせる力が必要です!

自閉スペクトラム症の児童の中ではオウム返し(エコラリア)などで、一方的に声を出してしまう場合があります。

そのため事前にルールの再確認をし、いざ入館!!!

 

 療育 バス通所 

 

静かに本を読むことができました!!!

 

療育 バス通所 療育 バス通所

 

今回の療育が児童の成功体験になりますように ✊

以上、満員電車と満員バスはできるだけ避けたい心理指導担当職員、栗木がお送りしました!!!!

 

電車による通所練習も以前、行いましたので

良ければコチラからご覧ください(`・ω・´)b

☆電車で通う☆放課後等デイサービス 夢を叶える就労トレーニング教室八王子

少し不便な生活も楽しい体験に!?お家キャンプ体験inめじろ台教室

2022-10-14

こんにちは!

こどもプラスが運営する八王子市の放課後等デイサービス「夢を叶える就労トレーニング教室八王子」通称:夢トレ教室です☆

 

今年の夏は本当に暑かったですね😿

めじろ台教室でも夏の感じられるイベントをいくつか企画しました。

そのうちの一つとして、教室内でお家キャンプを行ってみました!

 

順番を待つ力を養う

めじろ台教室、実はキャンプ好きなスタッフが数名在籍しています!

スタッフの強みを活かして、自宅からタープやドームテント、ハンモックなどをたくさん用意し、キャンプ感を演出しました!

 

八王子放課後等デイサービス こどもプラスのお家キャンプ療育 

 

目新しいキャンプ道具に児童も興味深々!!

  八王子放課後等デイサービス こどもプラスのお家キャンプ療育           八王子放課後等デイサービス こどもプラスのお家キャンプ療育 

 

ハンモックなどのキャンプ道具を使いたいと思う気持ちがありつつも、1人が使える道具には制限があります。

これらの道具を独占したい気持ちが出てきやすいため

気持ちのコントロールする練習場となります。

 

 

児童の気持ちをコントロールするため、使用上のルールをまとめると

  • 誰も偏りなく使えるように配慮
  • 療育時間を逆算して1人あたりの使える時間を換算して時間を決める。
  • 今、使いたい児童がいれば他の道具を提供するなどです。

 

八王子放課後等デイサービス こどもプラスのお家キャンプ療育 

 

 

あえて不便なことをしてみる経験が、災害時にも役立つ!

キャンプと言えば、バーベキューやキャンプファイヤーなどが挙げられますが

日常で使っている便利な道具をあえて使わずに楽しむイベントだと思います。

こういった体験は自然災害などによって不便な生活を強いられる場面ともリンクします。

 

自閉スペクトラム症の傾向が顕著な児童にとって、決まりきった(ルーティン)生活から切り離されるだけで相当なストレスになると思われます。

もしもそのような状況になってしまっても少しでも安心して生活できるように、今回は電気、ガスに頼らない炊事にも挑戦してみました!

パックご飯を電子レンジや鍋を使た湯銭の方法ではなく、発熱材つかって温めてみたり、固形燃料を使ってメスティン炊飯もしてみました!

 

 

八王子放課後等デイサービス こどもプラスのお家キャンプ療育     八王子放課後等デイサービス こどもプラスのお家キャンプ療育 

 

非日常的な体験が児童の記憶に残り、思い出になる

修学旅行やキャンプなどのお泊り行事は、普段学校でしか会わない友達と同じ屋根の下で寝食を共にするといった非日常体験です。

やはり、いつもと違う場面、非日常体験は記憶や思い出になりやすいと思います。

 

 

八王子放課後等デイサービス こどもプラスのお家キャンプ療育    八王子放課後等デイサービス こどもプラスのお家キャンプ療育 

 

めじろ台教室はお泊りなどのイベントは行っていませんが、今回のお家キャンプがみんなの思い出の1ページになりますように(^^♪

 

以上、習い事でボーイスカウトをしていました心理指導担当職員の栗木がお送りしました!!

▲page top