トップページ

ご利用方法

お客様の声

アクセス

よくある質問

お問い合わせ

Posts Tagged ‘感覚’

ドローンを使った療育!?子ども達の隠れた才能を引き出す遊び!

2022-05-20

こんにちは!

こどもプラスが運営する八王子市の放課後等デイサービス「夢を叶える就労トレーニング教室八王子」です(^_-)-☆

ゴールデンウイークが終わりましたね。皆さまはどう過ごされましたでしょうか?

めじろ台教室ではゴールデンウイークの2日間ドローン体験会を実施いたしました(^^)/

この日を楽しみにしてくれていた児童も多く、「早くやりたい!」と、朝から期待度MAX!!

 

ルールやマナーを守り、安全第一に扱うこと

リモコンでの操作となるので、何より児童が安全に遊べるよう人数や部屋を分け、安全を確保してから開始しました。

今回は200g未満のトイドローンと呼ばれるものを2機使用しました。

いくら小さいドローンとはいえ、安全に飛行させるにはルールとマナーを守って遊ぶことが大前提!

まずは、教室内で実践です!

 

操作の仕方や飛ばす時のルールなど説明をよく聞いて、すぐにでもやりたい気持ちを抑え順番を守りながら、仲良く体験会を実施することができました(^^)/

 

力加減が難しい!だからこそ指先の感覚が研ぎ澄まされる!

ドローンのリモコン操作は繊細さが必要です。発達障がいのある児童の中には力加減の調節が苦手な子もいますよね。

上下左右を理解できている子ばかりでもありません。

だからこそ、実際に触って自分で操作をしてみることで、指先の動きとドローンの動きが連動していることを理解し、考え、指のちょっとした動かし方で、方向転換やスピードなどが変わることを感覚で覚えていきます!

 

思い通りにドローンを動かすために、なかなか上手くいかなくても何度も繰り返し、少しづつ力加減を身につけていきました!

こうした力加減のコントロールは、例えば

「ちょうどよい筆圧で字を書けるようなる」

「壊れやすいものは優しく持つ」

など、日常生活を送る上で必要な感覚にも繋がります。

 

空間認知力や洞察力が養われ、反射神経まで鍛えられる!?

「空間認知力」や「洞察力」これはドローンで良く言われている能力ですね!

操作をしながら自然とドローンを目で追うのでビジョントレーニングにもなります。

H君はドローンにかなり興味を示し、宙に浮いているドローンにギリギリ触れない程度まで近付き、食い入るように覗き込んでいました(^▽^)

今回は子供向けドローンという事もあり、注意はしつつ少し様子を見守りました。

すると、ドローンが自分の方に近付いてくると、捕まえたい、触りたいという気持ちを我慢しながら体に触れそうになったところでサラリと避ける!

無意識に反射神経も鍛えながら、こんな楽しい遊び方があるとは・・・(>▽<)

こんな一面も見ることが出来て、”買ってよかった~”と心から思いました☆笑

 

ドローンを上手くコントロールするには、その時の位置や傾き、障害物との距離などを正確に把握することも必要です。大人でもなかなか上手く操作できないものですが、中には初めてとは思えないほどドローン操作が上手な子も!!Σ(・□・;)

 

子ども達の隠れた能力はまだまだ計り知れません!

 

操作に少しずつ慣れてきたら、屋外での飛行にも挑戦!

 

屋外での操作は広々とした場所であっても、屋内で行う時以上にリモコンのコントロール力、周囲への十分な配慮や安全確認等が必要になりますね!

また今後、屋外でのドローン飛行の規制も変わります。

今回のドローン体験は大好評だったので、まずは屋内での操作練習を繰り返し行い、ドローン操作をより楽しみながら子ども達の可能性が更に広がるよう、また近日中に実施したいと思います♪♪

 

▲page top